2019.01.20

2019年のF1を大胆予想。
レッドブル・ホンダは平成のうちに勝てるかも

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

2019年シーズン10大注目ポイント@中編

「2019年シーズン10大注目ポイント@前編」はこちら>>>

レッドブル・ホンダのライバルとなるフェラーリはお家騒動で崩壊危機?(4)ついに結成された「レッドブル・ホンダ」は何勝できるのか?

 レッドブル・ホンダは勝てるのか? 何勝できるのか? その答えは、「0勝」か「たくさん勝つ」かのどちらかだと思う。

 レッドブルの車体性能がこれまでどおりトップクラスなら、あとはホンダのパワーユニット次第だ。ホンダがつまずけば、0勝。メルセデスAMGやフェラーリと比べて差が昨年のままなら、何勝もできる。

 昨年終盤戦のレッドブルがルノー製パワーユニットにもかかわらず、アメリカGP、メキシコGP、ブラジルGPで優勝する力があったことを考えれば、3強チームがほぼ同じ強さで三つ巴の戦いになり、単純計算で21戦の3分の1で「7勝」はできることになる。

 ホンダは昨年終盤戦、2019年型のベースとなるスペック3を実験的に投入した。ここで大きく出力アップを果たした反面、信頼性の問題に苦しんだが、実走したからこそわかった問題を潰し込むことができた。この点は、2019年に向けた大きなプラス材料だ。

 すでにHRD SakuraではRA619Hがほぼ完成し、かなり高いパフォーマンスを発揮しているとのこと。信頼性を確保しただけでなく、スペック3からさらに出力を伸ばしているとの情報もある。レッドブル側から「2強に大幅に近づく」「タイトルを目標にしている」などという発言が再三出ているのは、ただの楽観視ではなく、ホンダから寄せられるデータを受けてのものだという。

 モービルとの燃料・オイル開発がようやく進み、ホンダも2019年からはオイルを燃焼させる「予選モード」が使えるようになる。昨年のレッドブルは、予選で同様のモードを使う2強チームに差を開けられ、苦戦を強いられた。しかし、予選でも決勝と同等の戦闘力があれば、上位グリッドを獲得してさらに力強いレースの駆け引きができるようになる。