2018.08.31

オーバルマシンの現状に問題。
佐藤琢磨もオーバーテイクの数を嘆く

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano  松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

 1週前にポコノ・レースウェイで大アクシデントに遭ったロバート・ウィッケンズ(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)は、次戦ゲートウェイ・モータースポーツパークでの走行が始まった時点でも、まだペンシルバニア州の病院にいた。

 他車と接触、スピン、壁にヒットした後に舞い上がってフェンスに激突したウィッケンズは脊髄、右腕、下肢に負傷を負った。ただ、セイフティクルーが現場に到着した時点で意識があり、インディカーが新エアロキットで安全性を向上させていたことは証明された。ポコノのフェンスは古く、クォリティは決して褒められたものではないが、そもそもの目的であるマシンがコース外に飛び出さないようにすることは達成できていた。

 今後は、インディカーの開発した衝撃吸収力効果の高いセイファーウォールをもう少し高くすること、どのコースでも(特にオーバルでは)フェンスの堅牢さ、十分な高さを徹底することなどが必要になるだろう。

シリーズ第15戦ゲートウエイで優勝したウィル・パワー ミズーリ州とイリノイ州の州境にあるゲートウェイ・モータースポーツパークで行なわれたインディカー・シリーズ第15戦は、ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)がシーズン3勝目を挙げてタイトル争いに踏み止まった。

 レースでは、スピードで押し切るか、燃費セーブで切り抜けるかが勝負のポイントとなった。そして、スピードでいくことにしたパワーが勝利を収めた。作戦の違いによるバトルがレースを興味深いものにしていたと感じた反面、燃費レースではやはり本当のエキサイトメントは得られないとの印象を再認識した。