2018.07.05

小林可夢偉が3戦目で初優勝。
元F1ドライバーは伊達じゃない!

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 2018年のスーパーGTシリーズは、早くも中盤戦に突入した。第4戦は6月30日~7月1日、タイ・ブリーラムにある「チャーン・インターナショナル・サーキット」にて開催。気温30度を超える灼熱のコンディションで行なわれた決勝レースは、レクサス勢がトップ4を独占する強さを見せて幕を下ろした。

第4戦・タイを制した小林可夢偉/ヘイキ・コバライネン組 そのレクサス勢のなかでも、予選から決勝まで安定した速さを誇っていたのは、ヘイキ・コバライネン/小林可夢偉の「元F1ドライバーコンビ」DENSO KOBELCO SARD LC500(ナンバー39)だ。予選3番手からスタートした39号車は、レース前半で早々にトップに立つと、そのまま迫りくるライバルから逃げ切って優勝を飾った。

 2015年から参戦しているコバライネンにとっては、スーパーGT通算3勝目。一方、今季からレギュラー参戦している小林は3戦目(第2戦はWECの開幕戦に出場するため欠場)にして、念願のスーパーGT初優勝である。

 昨年の鈴鹿1000kmでWedsSport ADVAN LC500(ナンバー19)からスポット参戦した小林は、今年は39号車のレギュラードライバーとしてスーパーGTに挑むことになった。ただ、スーパーGTは2クラス(GT500とGT300)の混走という特殊なレースフォーマットなため、F1やWECを経験している小林とはいえ、すぐに優勝するのは難しいと思われていた。それが今回、3戦目にして早くも優勝を決めた。

 事実、小林と同じく今年からフル参戦している元F1王者のジェンソン・バトンも、4戦を終えていまだ未勝利。表彰台には2度立っているものの、まだスーパーGTに適応しきれていない部分が垣間見える。

 今年の39号車は、小林が参戦した開幕戦・岡山と第3戦・鈴鹿は苦戦を強いられた。両レースともQ1で敗退し、予選で小林の出番はなし。さらに鈴鹿ではレース序盤でリタイアしてしまったため、後半スティントを担当する予定だった小林は走ることなく鈴鹿を後にした。

 そんな苦しい状況が続いていただけに、小林も今回の優勝には正直、驚いたという。

「今年は岡山しかレースができていないし、予選アタックも今回が初めて。マシンにも慣れたといえる状態じゃないので、正直なところ、勝てるとは思っていなかった」