2017.10.21

大丈夫か、フェラーリ? 自滅のミス多発で
メルセデスの戴冠が間近に

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 今週末の第17戦・アメリカGPで、2017年のドライバーズチャンピオンとコンストラクターズチャンピオンが決まる可能性がある。

 ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が優勝し、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が6位以下の場合、ハミルトンの通算4度目のタイトルが決定。ハミルトンが2位でも、ベッテルが9位、バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)が3位以下なら同じく年間王者が決まる。

ドライバーズランキングで首位を走るルイス・ハミルトン メルセデスAMGとフェラーリの戦力を考えれば、そんな結果になる可能性は小さいとはいえ、必ずしもゼロとは言い切れない。

「何も変わらない。今までのレースとまったく同じメンタリティで臨む。みんなの見方は違うかもしれないけど、僕は何も違わないんだ」

 タイトル獲得の可能性を持って臨む今週末のレースを前に、ハミルトンは多くを語らない。

「もちろんチャンピオンシップを獲得することが僕の目標だし、そのことを考えない日はないよ。そのためにF1マシンをドライビングしているんだし、それを果たすためにすべての精力を注いでいる。だけど、残り4戦でタイトルを獲ること――それが僕の目標だ。それがどこだろうと、最終戦だろうと関係ない。今週この目の前のレースで勝つこと、それがまずはもっとも重要なことなんだ」