2017.10.22

エアレース王者・室屋義秀、
今季は優勝連発も「来年はイチロー流で」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by red bull

 室屋義秀の2017年をひと言で総括すれば、「有言実行のシーズン」ということになるのだろう。

今季4勝でエアレース年間王者に輝いた室屋 レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップに参戦し、6シーズン目を迎えた今季、室屋はついに念願かなって年間総合優勝を果たした。今季開幕前、「今年はズバリ、総合優勝が目標になる」と宣言していた通りの初戴冠である。

 また、室屋は年間総合優勝、すなわちチャンピオンシップポイントランキングでトップになった以外にも、全8戦のうち4戦を制し、5戦で表彰台に立ち、同じく5戦でファイナル4へ進出。各項目で年間自己最多の数字を残した。記録づくめのシーズンは、室屋にとって大きな飛躍の年であったことを物語る。

 室屋は6シーズン目での年間総合優勝について、「早かった」と振り返っていたが、2009年にデビューした当初の苦労を思えば、やはりその印象は強い。特にこの2、3年の変化は目覚ましかった。

 一昨季、室屋は初めて年間2度の表彰台に立ち、いよいよトップを視界にとらえ始めたかと思ったら、そこから世界一まではあっという間の出来事だった。昨季までの5シーズンで1勝しか挙げていなかったパイロットが、今季だけで4勝も挙げたのだから、驚くべき進歩というしかない。

 とはいえ、有言実行のシーズンも、いつまでも手放しに喜んでばかりはいられない。当然のことだが、課題もはっきりと残ったからだ。