2016.06.03

【エアレース】初優勝へ準備はできた。室屋義秀の逆襲が千葉から始まる!

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki

 昨年日本で初開催され、2日間でのべ12万人を動員したレッドブルエアレース・ワールドチャンピオンシップが、6月4、5日に千葉・幕張海浜公園で再び開催される。

安全祈願が行なわれた千葉神社で絵馬に目標を書いた室屋義秀 (c)red bull 2016年シーズンのレッドブルエアレースは、すでに全8戦のうち2戦が終了。昨季の年間総合優勝を果たしたポール・ボノム(イギリス)が電撃的に引退し、”ポスト・ボノム”を巡る争いが注目されるなか、好スタートを切ったのは、マティアス・ドルダラー(ドイツ)である。

 昨季年間総合5位のドルダラーは、今季開幕戦(UAE・アブダビ)で2位、第2戦(オーストリア・シュピールベルグ)では自身初となる優勝を果たすなど絶好調。新たにウイングレットを装着するなど、シーズンオフの機体改良にも成功し、他を一歩リードする存在となっている。

 とはいえ、”出入りの激しいフライト”が、よくも悪くもドルダラーの魅力である。一発がある一方で、凡ミスも多い。現在、年間総合ポイントで首位に立っているが、このまま独走を続けるとは考えにくい。

 しかも今季は、第2戦終了時点で、すでに全14パイロット中13人がポイントを獲得するという混戦状態。1戦ごとに大きく順位が入れ替わっている。千葉で行なわれる第3戦も、誰が表彰台に立つのかを予想するのは難しい。