2016.03.13

新たに就任したホンダF1総責任者
「長谷川祐介」とは何者か?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki  桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 2016年2月23日、ホンダのF1総責任者に就任したばかりの長谷川祐介は、2008年11月以来となるバルセロナ・カタルーニャ・サーキットにやってきた。ホンダが突然、第3期F1活動から撤退したあのとき、参戦するはずだった翌2009年に向けたテストを最後に行なったのが、まさにこの地だったのだ。

今年からホンダのF1プロジェクト総責任者となった長谷川祐介「思ったよりもブランクは感じませんでした。『あぁ、戻ってきたな』という感じです。当時と今とではF1のテクノロジーも大きく変わっていますから、まだわからないことはたくさんありますけど、F1界全体の雰囲気という意味で言えば、まさに"戻ってきた"という感覚でした」

 BARホンダから、最後はフルワークスのホンダF1チームとして活動した第3期のF1活動で、長谷川はジャック・ビルヌーブや佐藤琢磨のエンジン側レースエンジニアを務め、最後はチーフエンジニアとして現場運営を統括していた。

 もともとレース志望ではなく、根っからのレース屋でもないという長谷川。だが、いつしかF1の世界にどっぷりと浸かっていた。本社からの突然の撤退の報せに感じたのは、悔しさと寂しさだったという。

「結果が出せなかったという悔しさと、やめなければならなかった悔しさと、その両方がありました。勝っていたらやめてもよかったのかというと、きっとそれはそれで悔しかったと思うんです。どちらかといえば、F1の世界から去らなければならない、一緒に戦ってきた仲間たちと別れなければならない寂しさのほうが大きかったのかもしれないですね」

 そして翌年、ロス・ブラウンが継承したチームは、ブラウンGPとしてダブルタイトルを獲得した。