新たに就任したホンダF1総責任者
「長谷川祐介」とは何者か?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki  桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

マクラーレンとホンダが一体となって挑む2016年シーズンマクラーレンとホンダが一体となって挑む2016年シーズン「言葉を選ばないで言うなら、BARホンダの最初のころは結構苦労したんです。チームに溶け込むのに時間がかかっていました。それに比べて今のメンバーは、すでにチームとの一体感がある。それはマクラーレンというチームの特性なのか、ホンダ側も第3期でやってきたメンバーが多いからその経験によるものなのかはわかりませんけど、この1年でずいぶん一体感ができているんだなと感じました」

 3月1日付けの人事異動を前に、長谷川はすでに2月22日からのべ8日間のバルセロナ合同テストで、F1総責任者としての任務をスタートさせた。ピットガレージやピットレーン、エンジニアオフィスなどあちこちへ足を運び、現場のエンジニアやメカニックたちと積極的に話し合い、現状を把握することに努める姿が見られた。

「まずは、現場で何が起きているのかを正確に理解することが一番重要ですから、それを彼らに聞いているところです。それに対して『じゃあこうしましょう』っていうことを一緒に相談して決めていっています」

 第3期に現場のチーフエンジニアを務めたときと、開発から運営までF1活動のすべてを担う総責任者となった今と、それほど意識は変わっていないという。

「意識はあんまり変わっていないんですよね。ついついデータをチェックしたり、仕様をチェックしたりしちゃいますから。自分でそういったところまで目を向けて、より現場に近い目線でやっていくことで見えてくることや、前に進んでいくこともあると思っていますから。まぁ中村(聡/チーフエンジニア現場総責任者)は迷惑だと思っているかもしれませんけどね(笑)」

 これまでになく、現場に近い総責任者――。それが長谷川の描く新しいホンダのF1総責任者像だ。

4 / 6

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る