2014.08.28

【F1】シート喪失。可夢偉は日本GPで走ることができるか?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 8月20日(水)の昼過ぎ、ケータハムF1チームは小林可夢偉に代えてアンドレ・ロッテラーをベルギーGP(8月24日決勝)でスポット起用することを明らかにした。その直前、可夢偉はイギリスにあるチームのファクトリーでチーム代表のクリスチャン・アルバースからそのことを聞かされていた。

「水曜日の午前中、ファクトリーでシミュレーターに乗っているときにマネージメントから呼ばれて、アルバースから伝えられました。水曜日もスパのコースを(シミュレーターで)走っていました」

 夏休みを終えた可夢偉はシーズン再開を前に渡英し、チームのファクトリーでエンジニアたちとともにベルギーGPに向けた準備作業を行なっていた。前日には「ベルギーGPに向けての準備バッチリ。あとはポイントを獲るだけです!」とツイッターで語っていた可夢偉にとって、まさに青天の霹靂(へきれき)だった。

ベルギーGPでは走行することなくサーキットをあとにした小林可夢偉 ケータハムはこのベルギーGPに数多くのアップデートを投入し、ポイントを獲得するために本腰を入れてきていただけに、可夢偉としてもショックだっただろう。

「もちろん納得できない部分はありますが、チームの事情はよく理解しているのでチームのために今回は受け入れました。ただ、応援してくれるファンの皆さんには、今回レースが出来ず本当に申し訳ないです」

 実は可夢偉がファクトリーにやってくる前日の月曜日にはロッテラーがファクトリーを訪れ、そのシミュレーターに乗り、シート合わせも行なっていた。

 ケータハムの実質的なチーム運営者であるコリン・コレスは、3週間前の時点で旧知のロッテラーにベルギーGP出場のオファーをしていたのだ。ロッテラーは、自身が参戦している日本のスーパーフォーミュラのレースとベルギーGPの日程が重なっていたが、F1参戦を決断し、スーパーライセンス取得手続きを始めたという。

「スーパーライセンス取得の要件が揃っているのは分かっていたけど、申請には時間がかかるし、F1というのはいろんなことが決まるのに時間がかかることも分かっていた。参戦を決断したのが10日ほど前で、そこからいろんなことが動き出して、すべてがクリアになって正式に発表できたのが昨日(8月20日)だったというわけさ」(ロッテラー)