2014.07.02

【MotoGP】8戦8勝。マルケスが負けない本当の理由

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

「アッセンは、どうも勝てる気がしないんだよ」
 
 第8戦オランダGPのレースウィークを前に、HRC副社長の中本修平はそんなことを言った。たしかに、オランダGPの会場TTサーキット・アッセンでは、ヤマハが強さを発揮するという印象が強い。

 昨年の優勝はバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)。2012年はケーシー・ストーナー(ホンダ)が優勝しているが、「ホルヘ(・ロレンソ/ヤマハ)が転倒に巻き込まれて1周目で早々に消えてしまったから勝てたようなもので、もしも彼が普通に走っていればケーシーが勝ったかどうかはわからなかった」と中本は見ている。

 実際、この10年ほど毎年のようにヤマハが勝ち続けているこのサーキットでホンダの優勝記録を見つけようと思うと、ストーナーの前は2006年のニッキー・ヘイデンまで遡(さかのぼ)らなければならない。

「ヤマハさんとウチはそれぞれいいところと悪いところがあって、簡単に言うとヤマハさんのマシンはコーナリングマシンでホンダは加速力のマシンだから、ストレートが短くて中速高速コーナーや切り返しが続く、動力性能を活かしにくいアッセンのようなコースは、ウチは苦手なんですよ。しかもここは天候がいつも不安定で、ドライコンディションでも路面温度が低いからね」

 そんな中本の憂慮を、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)はあっさりと吹き飛ばしてしまった。圧倒的なレース内容で今回もまた当然のように優勝を飾り、開幕以来の8連勝。

開幕から破竹の8連勝で、トップを快走するマルケス(写真右) 優勝選手は25ポイントを獲得するため、マルケスはここまで無傷の200ポイントを積み上げている。今のマルケスの無敵ぶりは、よっぽどの悪運に見舞われて自滅でもしないかぎり、もはや誰にも止めることができない印象すらある。

 それはおそらく、21歳という若さにもかかわらず、天性の速さに加え、バトルの強さや勝負どころを見極めるしたたかさなど、勝つための全方位的な要素をすべて備えているからだろう。また、ライダーを支え、その能力を最大限に発揮させるチームの戦略も万全で、打つ手がすべていい方向に転がり、それがさらに巧みな妙手の呼び水になっている感もある。