大混戦の阪神JF、美女馬券師の本命は新馬戦から目をつけていた名門厩舎の実力馬

  • text by Morinaga Maaya

美女馬券師のGI最終決断
守永真彩~阪神JF編

この記事に関連する写真を見る◎ステレンボッシュ
◯キャットファイト
▲コラソンビート
☆サフィラ
△アスコリピチェーノ
△ルシフェル
△スプリングノヴァ

 12月に入り、実力馬たちの引退ニュースが次々に飛び込んできました。異次元の強さで今年のGIジャパンCを勝ち、世界最強馬の輝きを多くの人の目に焼きつけたイクイノックスをはじめ、そのジャパンCの立役者であるパンサラッサ、今度のGI有馬記念をラストランと決めたタイトルホルダー。紛れもなく現在の競馬史を彩った名馬たちがターフを去っていきます。

「この馬が現役を続けていたら、あのレースを勝っていたのかな」といった妄想が膨らみますが、さまざまな大レースを勝つシーンを頭のなかで想像させてくれる――そんな状態での引退こそ、本当の意味での"有終の美"なのでしょう。

 何より無事に"第二の馬生"を迎えられるのは、すばらしいことだと思います。これからは自分の頭のなかの「if」の世界でいろんな妄想をして楽しみつつ、現実の世界では生まれてくる子どもたちの活躍を心待ちにしたいです。

 もちろん今の競馬も、まさに過去の名馬たちが引退してバトンを渡してくれた結晶。今年も期待を背負った多くの馬がデビューし、母のように、父のように、または親が叶えられなかった夢を実現するために......。そして、ファンの気持ちに応えるかのように、今週も各馬がレースに挑んでいきます。

 2歳馬にとって、初めてのGIレースとなる阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)。この大舞台で最初に喝采を浴びるのはどの馬になるのか、楽しみです。

 私の本命はステレンボッシュ。新馬戦(7月23日/札幌・芝1800m)では、スタートして最初のコーナーに入る時に内にいた馬が外に膨れ、その影響で同馬もかなり外に振られる不利がありました。にもかかわらず、再度体勢を整えると、ゴール前ではしっかりと伸びて1着。この新馬戦をリアルタイムで見ていて、「この馬は今後も追いかけよう」と決めてメモしていたんです。

1 / 3

プロフィール

  • 守永真彩

    守永真彩 (もりなが・まあや)

    『日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ』(グリーンチャンネル・土曜日19時30分~)にアシスタント秘書としてレギュラー出演中。『アプリ デイリー馬三郎』では予想コラムを連載。「楽天競馬」のイメージキャラクター。母親は女優の白石まるみさん

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る