京都大賞典は「ステイゴールド×メジロマックイーン」の血が騒ぐ。狙いは芝2400mにピッタリの隠れた実力馬2頭

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Sankei Visual

 もう1頭はウインマイティー(牝5歳、栗東・五十嵐忠男厩舎)に注目。父ゴールドシップの産駒は、阪神・芝2400mで10戦0勝、2着2回、3着1回と勝利はない。しかし、オルフェーヴル産駒が好成績であれば、同じステイゴールド産駒で、母の父もメジロマックイーンという同配合のゴールドシップ産駒の適性も似てくるはず。"先物買い"という意味も込めて狙ってみたい。ゴールドシップの産駒には、昨年のGⅠオークス(東京・芝2400m)を勝ったユーバーレーベンなどもおり、2200~2600m戦は比較的に得意としている距離だ。

 ウインマイティーも、2020年のオークスで勝ち馬から0秒2差の3着に入った実力馬。そのレースは勝ったデアリングタクトが無敗の三冠馬で、2着ウインマリリンはそれ以降に日経賞、オールカマーと牡馬に混じってGⅡを2勝している強豪。レースレベルは高かったため、そこでの3着は高く評価していい。

 ウインマイティーはオークス後、2400m戦には1度出走し、東京のメトロポリタンSで4着。ただ、初めて逃げの形になったこともあるため、見直してもいいだろう。前走のGⅢマーメイドS(阪神・芝2000m)で重賞初制覇を飾って充実期を迎えている印象があり、阪神競馬場では忘れな草賞(芝2000m)も勝っていてコース適性も申し分ない。

 馬主であるウインレーシングクラブの所属馬は、先週のGⅠスプリンターズSで7番人気2着に入ったウインマーベルまで、JRA重賞に出走した馬が6連続で馬券圏内に入っている。この流れにも乗りたいところだ。

 以上、今年の京都大賞典はアイアンバローズ、ウインマイティーの2頭に期待する。

2 / 2

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る