2022.07.03

堤礼実アナが「運命的なものを感じる」ドウデュースと武豊騎手のコンビに期待すること

  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

堤 礼実連載:『華麗なるウマ話』第38回

スポルティーバとフジテレビの競馬中継番組『みんなのKEIBA』とのコラボ企画、堤礼実アナウンサーの連載『華麗なるウマ話』。今回は、今年もすばらしいレースが繰り広げられた春競馬の大一番、3歳クラシックのオークスと日本ダービーについて振り返ってもらった――。

「春のグランプリ」宝塚記念も終わり、本格的に夏競馬がスタート。今年の夏はようやく、『みんなのKEIBA』も現地のスタジオからお伝えすることができそうで、すごくワクワクしています。

 私にとって、福島や新潟の競馬場に行くのは3年ぶり2回目。夏競馬ならではの雰囲気を生で味わえるのはもちろんですが、系列局のスタッフの方たちと久しぶりにお会いし、一緒に仕事ができることをとても楽しみにしています。

 きっと暑い夏になると思うので、時には売店のかき氷で涼をとりながら、視聴者のみなさんに夏競馬の楽しさ、面白さをしっかりと伝えられたらいいな、と思っています。

 福島や新潟での楽しいことに思いを巡らせて、まるで夏休み前の小学生のような気分ですが(笑)、まずはその前にこの春の大一番、オークスと日本ダービーについて改めて振り返ってみたいと思います。

 オークスではスターズオンアースが勝利を飾って、牝馬二冠を達成しました。

 桜花賞を勝った時から相当強いとは感じていましたが、1番人気に推されたサークルオブライフをはじめ、他にも注目馬がズラリとそろっていたため、オークスでも本命視されていたわけではありませんでした。実際、大外枠に入ったこともあって、桜花賞馬でありながら3番人気に甘んじることに。

 ところが、終わってみれば、「堂々の」という表現がピッタリの完勝劇を披露。最後にグイッと伸びてきた鋭い末脚は圧巻でした。

 こうなると、秋の楽しみは牝馬三冠なるか。レース後には、手綱をとったクリストフ・ルメール騎手が「1600mも、2400mも勝ったのだから、2000mも大丈夫」と話していたようですし、秋華賞も期待大ですね。