2022.07.08

プロキオンSは「小倉・ダート1700m」で好成績のオルフェーヴル産駒を狙う。良血2頭のダート重賞初制覇に期待

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Sankei Visual

 7月10日、小倉競馬場で3歳以上馬によるGⅢプロキオンS(ダート1700m)が行なわれる。

 このレースは通常、中京競馬場のダート1400mで開催されているが、京都競馬場改修の影響で、昨年に続き小倉で行なわれる。距離も300m長くなり、例年のレースの傾向が当てはまらないため、「小倉・ダート1700m」のデータを基に血統的視点で分析していきたい。

2020年に「小倉・ダート1700m」の阿蘇Sを勝利したアルドーレ2020年に「小倉・ダート1700m」の阿蘇Sを勝利したアルドーレ この記事に関連する写真を見る  過去10年の「小倉・ダート1700m」の種牡馬別成績を見ると、キングカメハメハとクロフネが27勝で並ぶが、勝率・連対率が目立つのがオルフェーヴル。100戦15勝で勝率15.0%、連対率25.0%は、この条件の勝利数ベスト30位の種牡馬の中でもっとも高い数字を残している。

 現役時代はクラシック三冠などを制したオルフェーヴルだが、種牡馬としてはGⅠ皐月賞のエポカドーロや、GⅠ大阪杯などGⅠ4勝のラッキーライラックという2頭の芝GⅠ馬を輩出。さらに、米GⅠBCディスタフのマルシュロレーヌ、地方交流GⅠかしわ記念を含めて重賞4連勝中のショウナンナデシコなど、ダートの大物も多く出している。

 今回は2頭のオルフェーヴル産駒が出走予定だが、筆者が上に見るのはアルドーレ(牡7歳、栗東・西村真幸厩舎)だ。

 同馬は2020年、今回と同じ「小倉・ダート1700m」で行なわれた阿蘇Sを勝利。その後は、GⅢシリウスSでカフェファラオから0秒6差の6着、GⅢアンタレスSでテーオーケインズから1秒差の5着など、重賞でも強敵相手に大崩れなく走り、今年に入ってからも2走前のブリリアントS(東京・ダート2100m)を勝利。今年7歳と高齢の部類に入るが充実期を迎えているようだ。

 前走のスレイプニルS(東京・ダート2100m)は6着と敗れたが、58kgを背負って展開も向かなかったので、見直しは可能だろう。今回は56kgで出走できることもプラス材料だ。