2022.07.02

CBC賞は今年も高速決着か。穴党記者は高額配当が見込める「大穴」牝馬2頭をオススメ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 今週から福島、小倉開催がスタート。いよいよ本格的な夏競馬へと突入する。

 小倉の開幕週には、短距離重賞のGIII CBC賞(7月3日/小倉・芝1200m)が行なわれる。通常、中京競馬場が舞台となるレースだが、京都競馬場の改修工事によるスケジュール変更を受けて、一昨年は阪神競馬場で施行され、今年は昨年に続いて小倉競馬場で行なわれる。

 過去10年の結果を振り返ってみると、1番人気は2勝、2着1回、3着1回と今ひとつ。一方で伏兵の台頭が頻繁に見られ、比較的波乱の多い一戦だ。日刊スポーツの奥田隼人記者もこう語る。

「過去10年で1着こそ1~4番人気が8勝を挙げていますが、2着には7番人気以下の穴馬が6度も突っ込んできています。傾向としては"ヒモ荒れ"の向きが強いですね。

 おかげで、馬連も万馬券が3度飛び出すなど、平均配当は1万9023円。3連単も2020年に200万円超えの特大万馬券が出たこともありますが、平均配当は34万円オーバーと高額になっています」

 こうした状況を受けて、奥田記者は「今年も波乱の目は十分」と踏んで、まずはベテラン牝馬に注目する。

アンコールプリュ(牝7歳)です。前走のオープン特別・韋駄天S(5月22日/新潟・芝1000m)では14着と惨敗。その結果を受けて、さらに人気を落としそうですが、レースの内容自体は(次戦に向けて)見直せるものがあったと思います。

CBC賞での大駆けが期待されるアンコールプリュCBC賞での大駆けが期待されるアンコールプリュ この記事に関連する写真を見る