2022.05.25

日本ダービーの行方が見えてくる「3歳牡馬ランキング」。皐月賞馬ジオグリフは3位、1位は?

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 確固たる本命不在の大混戦で迎えた牡馬クラシック初戦のGI皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)は、5番人気のジオグリフ(牡3歳/父ドレフォン)が勝利。2着に3番人気のイクイノックス(牡3歳/父キタサンブラック)、3着に1番人気のドウデュース(牡3歳/父ハーツクライ)が続いた。

 さらに、4着に入ったのも2番人気のダノンベルーガ(牡3歳/父ハーツクライ)。結果的に下馬評の高かった馬たちが上位を独占した。クラシック第2戦のGI日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)に向けても、これらの面々が有力視されている。

牡馬クラシック一冠目の皐月賞はジオグリフが鮮やかな勝利を飾った牡馬クラシック一冠目の皐月賞はジオグリフが鮮やかな勝利を飾った この記事に関連する写真を見る  その後、東西で行なわれたダービートライアルでは、GII青葉賞(4月30日/東京・芝2400m)をプラダリア(牡3歳/父ディープインパクト)が勝利。GII京都新聞杯(5月7日/中京・芝2200m)ではアスクワイルドモア(牡3歳/父キズナ)が、リステッド競走のプリンシパルS(5月7日/東京・芝2000m)ではセイウンハーデス(牡3歳/父シルバーステート)が勝って、ダービーへの切符を手にした。

 ただ、これら3頭は既成勢力を脅かすにはややパンチ不足。パソコン競馬ライターの市丸博司氏も「今年も、基本的には皐月賞組が中心となるだろう」と分析する。

 いずれにしても、競馬界最高峰のレースとなる大一番がいよいよ迫ってきた。今回はこれらの結果を受けて、現時点での3歳牡馬の『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、ダービーに挑む3歳牡馬の実力・能力を分析しランクづけ。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。