2022.05.26

日本ダービーで狙うべきディープインパクト産駒は? 6連勝と勢い続く「キンカメ系」も見逃せない

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Sankei Visual

 5月29日、東京競馬場で3歳馬によるGⅠ日本ダービー(芝2400m)が行なわれる。

 3歳ナンバーワン決定戦であり、「競馬の祭典」とも呼ばれるビッグレース。皐月賞馬のジオグリフと同2着のイクイノックス、2歳王者ドウデュース、GⅠホープフルSのキラーアビリティをはじめ、GⅡ青葉賞のプラダリア、GⅡ弥生賞ディープインパクト記念のアスクビクターモア、GⅡ京都新聞杯のアスクワイルドモア、GⅢ毎日杯のピースオブエイト、GⅢ共同通信杯のダノンベルーガなど、実績馬が順調に調整されてここに臨んでくる。

GⅠ初制覇を狙うジャスティンパレスGⅠ初制覇を狙うジャスティンパレス この記事に関連する写真を見る  このレースを血統的視点から分析していこう。日本ダービーと相性がいい種牡馬といえば、断然、ディープインパクトだ。2018年から昨年まで、ワグネリアン、ロジャーバローズ、コントレイル、シャフリヤールと4連覇中で、合計は7勝。さらに2着が3回、3着も3回と、48頭が出走して13頭が馬券に絡んでいる。

 その多くは人気を集めた有力どころだが、2019年に12番人気で勝ったロジャーバローズ、2018年に5番人気で勝ったワグネリアン、2012年は7番人気のトーセンホマレボシが3着に入るなど、それほど人気のない馬の好走も少なくない。視野を広く見て探していこう。

 今年のディープインパクト産駒はアスクビクターモア、キラーアビリティ、コマンドライン、ジャスティンパレス、プラダリア、ロードレゼルの6頭が登録。なかでも筆者が注目するのはジャスティンパレス(牡3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)だ。

 同馬は昨年9月のデビュー戦(中京・芝2000m)で勝ち上がり、続く黄菊賞(阪神・芝2000m)も勝って連勝。GⅠホープフルS(中山・芝2000m)で2着のあとに皐月賞に向かい、0秒8差の9着に終わっている。