ウマ娘ではサイボーグ。ミホノブルボンは日本ダービーで圧倒的な強さを誇っていた

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Kyodo News

 こうなると、ミホノブルボンが目指すのは「無敗の三冠馬」ということになる。だが、三冠目となるGⅠ菊花賞(京都・芝3000m)では、生まれて初めて敗北を喫してしまった。3000mの長距離、そして、レース中は他馬に先頭を取られ、逃げを打てなかった。

 何より、このレースを制したダービー2着馬のライスシャワーは、3000m以上のGⅠで強さを誇った名ステイヤー。いくつもの要因に阻まれ、無敗の三冠の夢は散ったのである。

 その後、ブルボンは故障が重なり、ついに一度もレースに復帰することなく引退。また、この間に戸山も死去してしまう。悲しい幕切れではあったが、それでも、わずかキャリア8戦のなかで残したミホノブルボンの輝きはすばらしいものだった。

 日本競馬の長い歴史を見ても、これほど調教師との関係が印象に残る馬は珍しいかもしれない。あのダービーで見せた圧勝劇は、間違いなく"人馬"両方の力で成し得たものだろう。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る