2022.05.22

2400m戦の実績はピカイチ。「追えば追うほど伸びる」プラダリアは世代の頂点に立てるか

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Sankei Visual

2022年クラシック候補たち
第20回:プラダリア

 ダービートライアルとしてお馴染みのGII青葉賞(東京・芝2400m)。4月30日に行なわれた今年のレースは、4番人気のプラダリア(牡3歳/父ディープインパクト)が制して、GI日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)への切符を手にした。

青葉賞を快勝してダービーに挑むプラダリア青葉賞を快勝してダービーに挑むプラダリア この記事に関連する写真を見る  栗東トレセンの池添学厩舎に所属する同馬は、今年1月にデビュー。3歳新馬(1月15日/中京・芝2000m)、3歳未勝利(1月29日/中京・芝2000m)と、2戦連続で惜しくも2着に終わった。

 初白星を挙げたのは、それからおよそ2カ月後の3歳未勝利(3月19日/阪神・芝2400m)。当日はタフな重馬場のコンディションだったが、プラダリアは中団の内に構えると、うまく折り合ってリズムよく運んだ。

 迎えた直線、スムーズに外に出すと、すかさずエンジン全開。早め先頭から、他馬を一気に突き放していった。最終的には後続に7馬身差をつけての圧勝だった。

 念願の初勝利を挙げて、果敢に挑戦したのが青葉賞だった。レースは淀みないペースで流れ、プラダリアは縦長になった馬群のちょうど真ん中あたりとなる5番手をキープ。前走同様、テンポのいい走りでレースを進めた。

 直線では、再び外から脚を伸ばしていく。直線半ばを過ぎて、早め先頭に立ったロードレゼルがそのまま押し切るかと思われたが、坂を登ったところでプラダリアがさらに加速。ロードレゼルをかわして、トップでゴール板を通過した。

 こうして、初勝利からわずか2カ月足らずで最高峰の舞台へと駒を進めてきたプラダリア。同馬について、陣営はどう評価しているのだろうか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。