2022.05.21

横山ルリカ、ずばりオークスの本命は? 桜花賞組以外も「かなり気になります」

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、この春には競馬専門放送局・グリーンチャンネルの『ザ・馬券DUEL』(5月23日初回放送)に出演するなど競馬番組で大活躍中の横山ルリカさん。3歳牝馬の頂点を決めるGIオークス(5月22日/東京競馬場・芝2400m)について展望を聞いた。

競馬番組などで活躍する横山ルリカさん競馬番組などで活躍する横山ルリカさん この記事に関連する写真を見る

今年のオークスは桜花賞馬に「嫌なデータ」

横山ルリカ まず過去10年のオークスを振り返りますと、その年の桜花賞馬は8頭が出走して3勝、2着1回、4着以下4回という成績です。

 勝った馬はジェンティルドンナ(2012年)、アーモンドアイ(2018年)、デアリングタクト(2020年)といずれもそのあとに三冠牝馬になった馬。桜花賞の時点ですでに人気にもなっていました。

 対して、馬券圏外に負けた馬のうち3頭は桜花賞では5番人気以下。桜花賞とオークスでは求められる適性が少し変わってくるのか、全部対応できる三冠馬レベルの馬なのかが問われると思います。

 これが7番人気で今年の桜花賞を勝ったスターズオンアース(牝3歳)にとっては、ちょっと嫌なデータなんですよね。堅実だし馬券は外してないから、能力はあると思う反面、爆発力という点では他の馬のほうが可能性はありそうと感じます。

 あと、前走から乗り替わりの馬は過去10年で1頭しか勝っていないんですよね。その点もスターズオンアースは該当してしまいます。

 桜花賞で負けたものの、オークスで巻き返して勝った馬も4頭いて、そのうちの3頭が桜花賞では勝ち馬から0秒1差以内でした。