2022.03.20

大ケガによる後遺症を抱えるダノンベルーガ。春の大舞台でも最高の輝きを放つことができるか

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Sankei Visual

2022年クラシック候補たち
第11回:ダノンベルーガ

 クラシックのステップレースのなかでも、とりわけ注目度の高いGIII共同通信杯(東京・芝1800m)。のちに戴冠を遂げた幾多の名馬たちが、同レースの上位にその名を刻んでいる。

 そして今年(2月13日)も、この舞台から楽しみな1頭が登場した。

 美浦トレセンの堀宣行厩舎に所属するダノンベルーガ(牡3歳/父ハーツクライ)である。

共同通信杯を快勝したダノンベルーガ共同通信杯を快勝したダノンベルーガ この記事に関連する写真を見る  昨年11月の2歳新馬(11月21日/東京・芝2000m)でデビューした同馬。レースではバラけた馬群の中団やや後方を追走し、直線に入ると外に持ち出して追撃態勢に入った。

 一発、二発とムチが飛んだのは、残り400mを過ぎたあたり。するとその瞬間、一気に加速して、内にいるライバルたちを次々にかわしていく。そうして、残り200m付近で逃げるバトルボーンも並ぶ間もなくかわすと、そのまま突き抜けた。

 上がり3ハロンは33秒1。初戦から極上のキレ味を見せて、最終的に後続に2馬身差をつける完勝劇を披露した。

 続いて挑んだのが、共同通信杯。8枠10番スタートから、再び中団やや外目にポジションをとって競馬を進めた。4コーナー手前から徐々に進出し、直前ではまたも大外から仕掛けていった。

 やや重という馬場コンディションながら、ここでも鋭い末脚を炸裂。直線半ばで前方馬群をとらえ、残り200mをきってから逃げ粘るビーアストニッシドに、一緒に伸びてきた1番人気ジオグリフを振りきって、トップでゴール板を通過した。

 好メンバーが集う重賞でも、33秒7というメンバー最速の上がりをマーク。世代屈指の末脚の持ち主であることを改めて証明し、一躍クラシックの有力候補へと名乗りを挙げた。