2021.11.19

マイルCSも阪神の荒れ馬場で大波乱か!?  穴党記者が「怖い存在」と指摘する伏兵2頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sankei Visual

 秋の「マイル王決定戦」となるGIマイルCS(阪神・芝1600m)が11月21日に行なわれる。

 昨年は1番人気のグランアレグリアが快勝。その他の年も上位人気馬が馬券圏内に絡むことが多いため、比較的堅いレースといった印象が強い。だが、過去10年の結果を振り返ってみると、1番人気が勝利したのは昨年のグランアレグリアのみ。代わって、4番人気以下の伏兵が6度も勝利を挙げており、3連単ではしばしば好配当が生まれている。

 また、京都競馬場の改修工事によって、今年も昨年と同じく阪神競馬場の開催となり、当初は実力どおりの結果が出やすい舞台になったと思われたが、その阪神競馬場で先週行なわれたGIエリザベス女王杯が大荒れ。3連単の配当が300万円超えとなる大波乱の決着となったことで、今週も"再び"というムードが充満している。

 実際、日刊スポーツの太田尚樹記者は再度の波乱を示唆する。

「先週のエリザベス女王杯の大波乱には驚かされましたが、背景には傷んできた阪神の芝の影響もあったと思います。現に、Aコースの使用は今週で7週目。京都競馬場が改修中のため、例年よりも明らかに傷んでいて、見た目にもインコースの芝の色が変わってきています。

 そうなると、人気が予想されるグランアレグリア(牝5歳)やシュネルマイスター(牡3歳)は、東京の軽い馬場で好走してきただけに、荒れ馬場への対応がカギになります。となれば今週も、先週に続いて伏兵の台頭があるかもしれません」

 では、激走が期待される伏兵馬はどの馬か。太田記者は今年に入ってから勝ち星を重ねてきた上がり馬の名前を挙げた。

ロータスランド(牝4歳)が気になります。2走前のGIII関屋記念(8月15日/新潟・芝1600m)では2番手から抜け出して完勝。同馬を管理する辻野泰之調教師によると、『最後は遊んでいた』とのことで、着差以上の勝ちっぷりでした」

 ただ、前走のGII富士S(10月23日/東京・芝1600m)では10着と惨敗。当初の勢いは失われつつあるように見えるが、この一戦については「度外視できる」と太田記者は言う。