2021.11.05

北米最大の競馬の祭典、ブリーダーズカップ。馬券が買える3レースで期待の日本馬と海外馬は?

  • 土屋真光●文・写真 text & photo by Tsuchiya Masamitsu

 現地時間11月5日(日本時間6日未明)、6日(同7日未明)の両日、アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ郊外のデルマー競馬場で、北米最大の競馬の祭典、ブリーダーズカップ(BC)が行なわれる。

BCフィリー&メアターフに出走するラヴズオンリーユーBCフィリー&メアターフに出走するラヴズオンリーユー この記事に関連する写真を見る  ブリーダーズカップは1984年に始まった、1日に複数のカテゴリーのチャンピオン決定戦が行われるカーニバル開催で、北米の競馬場が毎年持ち回りで実施している。1日目はいずれも2歳戦で、GⅠが4つとGⅡがひとつ、2日目は3歳以上でGⅠが9つ行なわれる。

 このモンスター級の競馬開催に、今年は7頭の日本調教馬が6競走に参戦。BCジュベナイル(ダート1600m)にジャスパーグレイト(牡2歳)、BCダートマイル(ダート1600m)にピンシャン(牡4歳)とジャスパープリンス(牡6歳)、BCフィリー&メアターフ(芝2200m)にラヴズオンリーユー(牝5歳)、BCマイル(芝1600m)にヴァンドギャルド(牡5歳)、そしてBCディスタフ(ダート1800m)にマルシュロレーヌ(牝5歳)という内訳だ。これまでに2頭が挑戦することはあったが、ここまで大挙しての出走は異例であり、初めてになる。

 このうち、フィリー&メアターフとマイル、日本調教馬の出走はないがBCターフ(芝2400m)がJRAでも馬券の発売対象レースになっている。ターフが含まれたのは、ラヴズオンリーユーの出走レースがギリギリまで判断を待ったことによるもので、日本のファンも参加できるレースが増えたのは思わぬ恩恵だった。

 馬券発売対象レースの中で最初に行なわれるのは、日本時間で7日の午前5時59分発走のフィリー&メアターフ。今回の7頭の中でもっとも実績があるラヴズオンリーユーが出走する。

 今年2月の京都記念(2月14日/阪神・芝2200m)を快勝したあと、3月にはドバイに遠征してGIドバイシーマクラシック(3月27日/メイダン・芝2410m)でミシュリフ、クロノジェネシスに僅差の3着に敗れた。そのまま帰国せずに香港に転戦し、GIクイーンエリザベス2世C(4月25日/沙田・芝2000m)を勝利して、3歳時のオークス(東京・芝2400m)以来のGIタイトルを手にした。