2021.10.16

横山ルリカが秋華賞を展望。激推しする「純白のアイドル」以外で重視する馬は?

  • 土屋真光●構成 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

 アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、競馬番組などで活躍する横山ルリカさん。3歳牝馬三冠の最終戦となるGI秋華賞(10月17日/阪神競馬場・芝2000m)について展望を聞いた。

競馬好きとして知られる横山ルリカさん競馬好きとして知られる横山ルリカさん  まず、なんと言っても注目はソダシ(牝3歳)です。白毛馬として、芝の重賞やGI、さらにクラシックを勝つなんて世界でも類を見ないほど。歴史を常にアップデートする馬ですよね。海外でもすごく人気だと聞きます。白毛は突然変異なので体質が弱いという話を聞いたことがありますが、ソダシはそういったところをまったく感じさせない強さで、(ソダシの2代母である)シラユキヒメの一族の中でも競走馬として一流のお馬さんだと思います。

 前走のGII札幌記念(札幌・芝2000m)では、斤量52kgでしたが、ラヴズオンリーユー(牝4歳)ら古馬の一線級を相手に最後まで寄せつけずに勝ちました。2000mで勝ったのは、距離の面でもすごく心強いです。秋華賞でいい結果を出せば、札幌記念から秋華賞への流れが今後のトレンドになるかもしれませんね。

 また、例年は京都で行なわれる秋華賞は今年、阪神での開催となります。距離1600mですがGIを2つ(阪神ジュベナイルF、桜花賞)勝っているコースですし、最後の坂も心配ないかなと思っています。GIオークス(東京・芝2400m)の時のようにマークがきつすぎると不安は多少ありますけど、今回の内回り2000mという条件は東京の2400mよりもすんなりと前へ行けて、ソダシの持ち味であるスピードとパワー、持続力が生きそうです。

 と、いうことで、本命はソダシで考えています。