2021.06.03

安田記念、グランアレグリアの対抗1番手は? 伸びしろは大きく、その差は縮まっているはず

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Sankei Visual

 6月6日、東京競馬場でGⅠ安田記念(芝1600m)が行なわれる。

 今年は、昨年の勝ち馬グランアレグリア、2019年の勝ち馬インディチャンプなど、6頭のGⅠ馬が出走予定。登録馬は15頭でフルゲート割れとなるが、実力馬が揃い、ハイレベルなレースが期待される。

 今回の最大の焦点はグランアレグリア(牝5歳/美浦・藤沢和雄厩舎)の走りだろう。

前走のヴィクトリアマイルを制し、マイルGⅠで5勝目を挙げたグランアレグリア前走のヴィクトリアマイルを制し、マイルGⅠで5勝目を挙げたグランアレグリア  これまで、桜花賞、安田記念、スプリンターズS、マイルチャンピオンシップ、そして前走のヴィクトリアマイルと、「マイルGⅠ」を5勝している"現役最強マイラー"であり、歴代の名マイラーの中でもトップクラスに入るくらいの存在だ。

 今年はGⅠ大阪杯(阪神/芝2000m)で初の2000mに挑戦。レイパパレから0秒9差の4着に敗れたが、不良馬場で持ち前のスピードを発揮できないながら大敗しなかった走りは、決して評価を下げるものではなかった。

 続くGⅠヴィクトリアマイル(東京/芝1600m)は牝馬限定戦でもあり、単勝1.3倍の圧倒的1番人気で出走。後方からじっくりとレースを進めると、残り約150m付近で先頭に立ち、2着ランブリングアレーに4馬身差、1分31秒0というレース史上3位の好タイムで圧勝。さすがの強さを見せつけた。

 今回はヴィクトリアマイルからわずか中2週のレース間隔で出走する。これまでの最短レース間隔は3歳時のGⅠNHKマイルCの中3週で、その時は4位入線の5着に敗れている。

 さらに今回は大阪杯、ヴィクトリアマイルに続いて、春シーズン3戦目に臨む。秋も含めて1シーズンで3戦を戦うのは初めての経験で、不安といえば不安だ。しかし、2歳時から12戦のレース経験を重ね、馬体重もデビューから40kgも増えているように、たくましさが増している。陣営が出走を決断する以上、力は出せると判断していいだろう。