2021.04.07

安藤勝己の「3歳牝馬番付」。激戦のクラシックは「2強」で絶対か?

  • 新山藍朗●取材・構成 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News

 3歳牝馬クラシック第1弾となるGI桜花賞(阪神・芝1600m)が4月11日に行なわれる。

 今年は、2歳女王決定戦となるGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月13日/阪神・1600m)で勝ち負けを争った、1着ソダシ(牝3歳)、2着サトノレイナス(牝3歳)が有力視されて「2強」を形成。人気のうえでも抜けた存在となっている。

GI阪神JFでは激闘を演じたサトノレイナス(左)とソダシ(右) ただし、いずれも今回は阪神JF以来、およそ4カ月ぶりのレースとなる。その間のさらなる成長は見込めるものの、ぶっつけで大一番に臨むこととなり、レース勘が鈍った状況であれば、思わぬ取りこぼしがあっても不思議ではない。

 そうなると、その後のトライアルや前哨戦で台頭してきた新勢力が「2強」の間隙を突く可能性も大いに考えられる。まさに激戦模様といえ、どの馬が頂点に立つのか、まったく予想がつかない。それは、牝馬クラシック第2第となるGIオークス(5月23日/東京・芝2400m)においても同様だ。

 そこで今年も、競走馬の分析に長(た)けた元ジョッキーの安藤勝己氏を直撃。牝馬クラシックに挑む面々の実力について診断・分析をしてもらい、独自の視点による「3歳牝馬番付」を選定してもらった――。