2021.04.08

桜花賞はソダシよりサトノレイナス。キャリアや血統面などデータが後押し

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Sankei Visual

 4月11日、阪神競馬場で「3歳牝馬三冠」の第1弾、GⅠ桜花賞(芝1600m)が行なわれる。

 今年は7頭の重賞勝ち馬が揃い、ハイレベルな戦いが予想される。注目ポイントは多いが、中でも注目されるのが、GⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神/芝1600m)1着のソダシ(牝3歳/栗東・須貝尚介厩舎)と、2着のサトノレイナス(牝3歳/美浦・国枝栄厩舎)の再戦だ。

ソダシにリベンジを果たして重賞初制覇を狙うサトノレイナスソダシにリベンジを果たして重賞初制覇を狙うサトノレイナス  まずは、阪神ジュベナイルフィリーズを振り返ってみよう。好スタートを切って5番手あたりを追走したソダシに対し、やや出遅れ気味だったサトノレイナスは中団あたりを追走。直線で早めに仕掛け、馬場の真ん中あたりを通って先頭に立ったソダシを、サトノレイナスが内から交わしにかかるも、ソダシがもうひと伸びしてハナ差で抑えきる、というレース内容だった。

 レースを勝ったのはソダシだが、サトノレイナスが直線で走った内めの馬場は荒れぎみで、末脚を伸ばしにくいためソダシも避けていた。その馬場で鋭く伸びた走りは高く評価できるもので、内容的にはサトノレイナスを上に見てもいいほどだ。

 キャリアの違いも大きかった。ソダシはそこまで3戦3勝で、牡馬相手のGⅢ札幌2歳S(札幌/芝1800m)、牝馬限定のGⅢアルテミスS(東京/芝1600m)と重賞を連勝中だった。一方のサトノレイナスはデビューから2連勝中だったが、重賞は初出走で、関西圏への遠征も初めてだった。キャリアが浅い2歳馬にとってレース経験の差は大きく、2頭の経験値を考えると、サトノレイナスがハナ差まで迫ったことはなおさら評価できる。

 次は、血統を比較してみよう。サトノレイナスの父ディープインパクト産駒は桜花賞で5勝。今年から2年後まで3世代の出走チャンスがあるが、すでに歴代最多勝となっている。