2020.11.20

マイルCSは1番人気が苦戦中。
豪華メンバーで狙うは3、4番人気だ

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 秋の「マイル王」を決めるGIマイルCS(阪神・芝1600m)が11月22日に行なわれる。今年はGI馬8頭が集結。ハイレベルかつ見応えのあるレースが繰り広げられそうだ。

 その分、予想は難解を極める。実際、過去10年の結果を振り返ってみても、1番人気は未勝利。2010年には13番人気のエーシンフォワードが大金星を挙げて、3連単では47万3970円という高配当が生まれている。近年こそ、ふた桁人気の馬が突っ込んできて"大荒れ"になることは少なくなっているが、比較的波乱含みなレースであることは間違いない。

 今年は京都競馬場の改修工事により、阪神競馬場が舞台となるが、施行時期や距離は変わらないため、そんな過去の結果を参考にして、好配当をもたらしてくれそうな"穴馬"をあぶり出してみたい。

 まず目がいくのは、1番人気が苦戦している一方で、3、4番人気の奮闘が目立つこと。過去10年で、3番人気は2勝、2着3回、3着0回、着外5回、4番人気は3勝、2着0回、3着2回、着外5回という好成績を残しているのだ。

 となれば、今年も3、4番人気は外せない。ただ、そうなると狙うべき馬を確定しづらいが、今回はうまい具合に、GI安田記念(6月7日/東京・芝1600m)、GIスプリンターズS(10月4日/中山・芝1200m)と連勝中のグランアレグリア(牝4歳)の1番人気が濃厚。2番人気も、今春のGI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)、GI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)とクラシックで連続2着と好走し、前走のGII毎日王冠(10月11日/東京・芝1800m)でも古馬相手に完勝したサリオス(牡3歳)でほぼ確実と見られている。

 つまり、狙いはそれらに続く人気の馬。戦前の評価から見て、候補となるのは、インディチャンプ(牡5歳)、アドマイヤマーズ(牡4歳)、レシステンシア(牝3歳)の3頭だ。

マイルCS連覇を狙うインディチャンプ インディチャンプは、昨年の安田記念とマイルCSを制覇。今年も前走の安田記念で3着と衰えは感じられず、状態と展開次第では連覇を果たしてもおかしくない。