2020.11.21

マイルCSは「2強」以外で大勝負。
穴党記者が太鼓判を押す実力馬3頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 この秋のGIは、5戦すべて1番人気が勝利を飾っている。はたして、11月22日に行なわれるGIマイルCS(阪神・芝1600m)も、この流れを受けて1番人気が強さを見せるのだろうか。

 過去の戦績からすると、その可能性はかなり低い。というのも、マイルCSにおいては、過去10年で1番人気の勝ち星はなし。2着3回、3着2回、着外5回とパッとしないからだ。

 それでも今年は、GI安田記念(6月7日/東京・芝1600m)でアーモンドアイを一蹴し、GIスプリンターズS(10月4日/中山・芝1200m)でも豪脚一閃で強豪ライバルをなぎ倒して、目下GI2連勝中のグランアレグリア(牝4歳)がいる。

 同馬の1番人気は濃厚で、現在の充実ぶりからして、ここまでのGIの流れを引き継ぐのではないか、と見られている。だが、デイリー馬三郎の吉田順一記者は「グランアレグリアとて、盤石ではない」と言う。

「1週前追いで、ややテンションが上がっていたのが、ちょっと気になりました。レシステンシア(牝3歳)が作るペースは折り合い緩和につながるのは確かですが、1200mから1600mに距離が延びることで、折り合いに不安要素を持っている点が心配されます」

 また、日刊スポーツの木南友輔記者も、「グランアレグリアは距離延長の今回、馬群で運ぶ競馬になった時にどうか......」と、吉田記者と同様の不安を口にした。

 さらに木南記者は、2番人気になりそうなサリオス(牡3歳)についても不安視する。

「今回は、昨年のGI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)を制した舞台で行なわれるとはいえ、サリオスの強さが際立つのは、やはり東京。多少の割引は必要でしょう。加えて、乗り替わりがどう出るか。そこは、懸念材料となりますね」

「2強」の逆転候補に挙げられるレシステンシア「2強」にも付け入る隙があるとすれば、逆転候補としてはどんな馬が浮上するのか。吉田記者は「妙味なレースを作る」というレシステンシアに注目する。