2020.11.22

『こんなに動けるんだ』とスタッフが感嘆。逸材グランワルツが初陣へ

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2020年版)
第24回:グランワルツ

 史上最多の芝GI8勝をマークしたアーモンドアイ。次週のGIジャパンC(11月29日/東京・芝2400m)での引退が発表され、豪華メンバーとの対決で有終の美を飾ることができるのか、注目されている。

 その歴史的な名牝を育て上げたのは、美浦トレセンの名門・国枝栄厩舎。同厩舎には次なるスター候補が数多くそろっているが、これからデビューを迎える2歳馬の中にも、将来を嘱望された逸材がいる。

 グランワルツ(牝2歳/父ロードカナロア)も、その1頭である。

まもなくデビュー戦を迎えるグランワルツ 同馬の母は、現役時代に重賞3勝を挙げたバウンスシャッセ。2歳夏にデビューして初陣を飾り、3歳になって500万下(現1勝クラス)特別、GIIIフラワーC(中山・芝1800m)と連勝を飾った。

 その後、彼女は牝馬クラシックのGI桜花賞(阪神・芝1600m)ではなく、牡馬相手のGI皐月賞(中山・芝2000m)へ果敢に挑戦。距離適性を考慮したものだったが、あえなく11着に敗れた。

 それでも、続く牝馬クラシック第2弾のGIオークス(東京・芝2400m)では3着と好走。勝ったヌーヴォレコルト、2着ハープスターと僅差の勝負を演じて、力があることを改めて証明した。

 以降、重賞戦線で奮闘。GIタイトルには届かなかったものの、古馬になってからGIII戦で2つの勝利を手にした。

 そのバウンスシャッセが引退後、繁殖牝馬となって初めて産んだのがグランワルツ。すでに国枝厩舎に入厩し、デビューに向けて準備を重ねているが、スタッフの評価はどうなのか。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。