2020.11.22

堤礼実アナがジャパンカップに複雑な思い。
夢対決が「ついに来てしまった」

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

堤 礼実連載:『華麗なるウマ話』第6回

スポルティーバとフジテレビの競馬中継番組『みんなのKEIBA』とのコラボ企画としてスタートした、堤礼実アナウンサーの連載『華麗なるウマ話』。今回は、史上最多の芝GI通算8勝をマークしたアーモンドアイの快挙と、「夢の対決」が決まったジャパンカップについて話を聞いた――。

 今年の『みんなのKEIBA』は4月中旬以降、お台場のフジテレビ本社へスタジオを移し放送していましたが、11月1日の天皇賞(秋)からようやく競馬場での放送に戻りました。

 やっぱり競馬場はいいですね。窓を開けると、すごく気持ちがいい。スタジオからお伝えするのとは異なる空気感です。

 そして同じ日に、井崎脩五郎先生も電話出演から戻って来られて、久しぶりにスタジオでご一緒しました。最初は少しぎこちない感じでご挨拶させていただきましたが、すぐに「先生のいる空間って、こういう雰囲気だったな」と、以前と変わらない独特の温かさを感じながら、番組を進めることができました。細江純子さんを含めてレギュラー陣全員が、こうして久しぶりにそろったことがとてもうれしかったです。

 ただ、競馬場は以前と変わらぬ姿に戻ったわけではありません。お客さんの入場には人数制限がありますし、声も出せません。お客さんの歓声というのは、競馬に彩りを添え、競馬をより輝かせるものだと思うので、久しぶりに競馬場へ行ってみて、少し寂しさを感じてしまったのも確かです。