2020.11.01

厩舎スタッフが「ものすごくいい」と
絶賛する良血馬リエヴェメンテ

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

厳選!2歳馬情報局(2020年版)
第21回:リエヴェメンテ

 GI天皇賞・秋(東京・芝2000m)が行なわれる11月1日の新馬戦(東京・芝1800m)で、注目の若駒がデビューする。

 美浦トレセンの萩原清厩舎に所属するリエヴェメンテ(牝2歳/父ドゥラメンテ)である。

 母は、2010年から2011年にかけてアメリカで活躍したヒルダズパッション。GIバレリーナS(アメリカ・ダート1400m)を含め、重賞5勝を挙げた名牝である。

 そして引退後、日本で繁殖生活を送ることになった彼女は、優秀な子どもたちを次々に送り出している。

 2014年に生まれたヨシダ(牡/父ハーツクライ)は、海を渡って母と同じくアメリカで大奮闘。GIターフクラシックS(アメリカ・芝1800m)とGIウッドワードS(アメリカ・ダート1800m)を制し、芝・ダート両方でGIタイトルを獲得した。

リエヴェメンテの1つ上の姉で、重賞ウイナーとなったサンクテュエール また、2017年に生まれたサンクテュエール(牝3歳/父ディープインパクト)が日本で重賞ウイナーに。2戦目のGIIIアルテミスS(東京・芝1600m)で2着と好走したあと、3戦目のGIIIシンザン記念(京都・芝1600m)で牡馬を蹴散らして栄冠を手にした。