2020.06.14

「マカヒキに近い」ヨーホーレイク。
一族悲願のGI奪取は果たせるか

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO


ヨーホーレイクのひとつ上の兄、ストーンリッジは2戦目のきさらぎ賞で2着と好走 その後も、重賞で上位に食い込む馬がコンスタントに出ており、ヨーホーレイクの1つ上の兄、2017年生まれのストーンリッジも、デビュー戦を快勝したあと、2戦目に挑んだGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)で2着に入っている。

 ただ、これだけ多くの活躍馬を出しながら、GIタイトルをつかんだ馬はいまだにいない。その分、ヨーホーレイクにはその"夢"の実現に大きな期待がかかっている。

 では、同馬に関わるスタッフたちは、どんな感触を得ているのか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「ヨーホーレイクについて、友道調教師は『大柄で馬っぷりがよく、体に迫力がある』と話しています。それでいて、『大きさのわりに、柔らかみがある』とも言っています。

 また、同厩舎が輩出したダービー馬の先輩たちの名前を挙げて、同馬についてコメント。『同じディープインパクト産駒では、マカヒキに近い』と語っていました」

 なお、厩舎の別のスタッフから、友道調教師とは少し違った評価が聞かれたそうだ。先述のトラックマンが続ける。