2020.06.13

エプソムC、穴党記者が推す
「東京巧者」4頭で日頃のうっ憤を晴らせ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 春のGIシリーズがひと区切り。さらに、来春のクラシックを目指す2歳戦も始まったことで、夏競馬の到来ムードが一気に高まっている。そうしたなか、関東では今週末、GIIIエプソムC(6月14日/東京・芝1800m)が行なわれる。

 過去10年の成績を見てみると、1番人気は4勝、2着2回、3着1回、着外3回と、比較的安定した結果を残している。だが、直近3年は1番人気の勝利がなく、波乱の傾向にある。しかも、今年はフルゲート18頭が出走予定。紛れが起こる可能性も少なくない。

 また、梅雨前線が活発化し、馬場への影響も相当ありそう。そうなると、悪条件のなか、思わぬ馬の台頭があっても不思議ではない。そんな状況を鑑(かんが)みて、日刊スポーツの松田直樹記者はこう語る。

「やや重開催だった昨年は、5番人気のレイエンダが2番手から抜け出して勝利。2着にも逃げ粘ったサラキア(7番人気)が入って、3着以下の追い上げをしのいでいます。10週連続開催となる東京競馬場も、今週で8週目となり、さすがにタフな馬場になりつつあります。加えて、週末は雨予報。道悪となれば、先行馬の残り目を狙いたくなります」

エプソムCでの一発に期待がかかるアトミックフォース そこで、松田記者は上がり馬のアトミックフォース(牡4歳)に注目する。