2021.10.11

カーリング女子、北海道銀行フォルティウスが解散→新体制を発表。メンバーはどうなる?

  • 竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro
  • photo by(C)JCA IDE

 10月11日の午後、北海道銀行と女子カーリングチームの北海道銀行フォルティウスは、それぞれの公式ホームページで「女子カーリングチーム『フォルティウス』へのスポンサー契約終了および北海道銀行女子カーリング部の設立について」というニュースを掲載した。

 北海道銀行フォルティウスは2011年に発足し、2014年のソチ五輪に出場。今年2月の日本選手権で2度目の優勝を果たし、9月の日本代表決定戦ではロコ・ソラーレとの名勝負を繰り広げた名門だが、その冠スポンサーである北海道銀行とのスポンサー契約を、来月いっぱい(11月30日)をもって終了する旨が発表されたのだ。

 船山弓枝、近江谷杏菜、小野寺佳歩、吉村紗也香の主要4選手は、今週からカナダに渡航。オンタリオ州・オークビルで行なわれるワールドツアーのグランドスラムを戦ったのち、11月6日からはカザフスタン・アルマトイで開幕するパシフィック・アジア選手権に出場する。それが、北海道銀行フォルティウスとしての最後の試合になる予定だ。

 その後はどうなるのか。先述の4選手は12月から『フォルティウス』の名前を残したクラブチームで、引き続き競技を継続するという。

今年の日本選手権を制した北海道銀行フォルティウス。左から吉村紗也香、船山弓枝、佐藤浩コーチ、近江谷杏菜、小野寺佳歩今年の日本選手権を制した北海道銀行フォルティウス。左から吉村紗也香、船山弓枝、佐藤浩コーチ、近江谷杏菜、小野寺佳歩 この記事に関連する写真を見る