2020.05.16

ヴィクトリアマイルは成長株2頭と
人気落ちの実績馬2頭で好配当もイケる

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 東京競馬場における春のGI5週連続開催。第2弾は、古馬牝馬の「女王決定戦」GIヴィクトリアマイル(5月17日/東京・芝1600m)である。

 今回の注目は、なんといってもGI6勝を誇るアーモンドアイ(牝5歳)の参戦だ。断然人気になるのは、間違いないだろう。

 ただし、同じ東京の芝マイルを舞台とした昨年のGI安田記念では、不利があったとはいえ、3着に敗れている。また、前走のGI有馬記念(12月22日/中山・芝2500m)では9着と惨敗を喫し、今年初戦に予定していた『ドバイワールドカップデー』のGIドバイターフ(3月28日/UAE・芝1800m)が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって急きょ中止に。無出走での海外遠征を強いられた。

 アーモンドアイにとって、ここは仕切り直しの一戦となるのだが、不安材料は尽きない。しかも、ヴィクトリアマイルと言えば、圧倒的な1番人気の馬がしばしば敗れている。古くはウオッカ(2008年2着)、過去10年を振り返っても、ブエナビスタ(2011年2着)やミッキークイーン(2017年7着)らが苦杯をなめている。

 そうした状況にあって、日刊スポーツの松田直樹記者は、アーモンドアイ、さらには人気上位が見込まれる昨年のオークス馬ラヴズオンリーユー(牝4歳)にも疑いの目を向ける。

「過去10年の勝ち馬はすべて、前走からの間隔が3カ月以内。今年の出走馬で、これに該当しないのは、アーモンドアイとラヴズオンリーユーだけ。しかも、ともにドバイワールドカップデーのレースに挑むため、UAEまでの長距離輸送をこなして、レースを使うことなく、とんぼ返り。はたして、このリズムの狂いがどう影響するのか......。