2020.05.17

オークスで台風の目となるか。
ホウオウピースフルは一発を秘める良血馬

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

2020年クラシック候補たち
第16回:ホウオウピースフル

 2018年のGI有馬記念(中山・芝2500m)の勝ち馬ブラストワンピース(牡5歳/父ハービンジャー)。同馬の半妹が間近に迫ったGIオークス(5月24日/東京・芝2400m)に出走する。

 美浦トレセンの大竹正博厩舎に所属するホウオウピースフル(牝3歳/父オルフェーヴル)である。

オークスに挑むホウオウピースフル グランプリホースを兄に持つ良血馬は、昨夏にデビュー。初陣の2歳新馬(8月18日/札幌・芝1800m)には、のちにGIIIクイーンC(2月15日/東京・芝1600m)を制するミヤマザクラなど、ハイレベルなメンバーがそろっていた。

 ホウオウピースフルは、そのレースで鮮やかな勝利を飾った。3、4番手を追走し、最終コーナー手前から徐々にポジションを上げて、直線入り口では堂々と先頭へ。そこから一気に加速すると、後続との差を広げてトップでゴール板を通過した。

 2戦目の1勝クラス・百日草特別(11月3日/東京・芝2000m)でも、盤石の競馬を見せた。5頭立てという少頭数のなか、好位2、3番手につけてリズムよく追走。そのまま直線では、メンバー最速の上がり33秒6という末脚を繰り出し、2着以下に2馬身差をつけて快勝した。