2018.05.23

エポカドーロが「皐月賞は恵まれた」
を覆し、ダービーも勝つ可能性は?

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News

 新馬は、デビュー戦でどの騎手を乗せたか、そして1勝した次のレースでどのレースを使ったか、そこを見れば、おおよその期待度がわかるという。

 その点からすると、クラシック第1弾の皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)を勝ったエポカドーロは、当初あまり大きな期待を背負った馬ではなかったかもしれない。

皐月賞では圧倒的な強さを見せたエポカドーロ デビュー戦で手綱を取ったのは、北村友一騎手。近年、着実に勝ち星を伸ばしてきている優秀なジョッキーだが、いまだGI勝利のない、中堅どころである。

 また、京都で未勝利戦を勝ったあと、次に使ったレースが小倉の500万下・あすなろ賞(2月10日/小倉・芝2000m)だった。名の通った前哨戦などではなく、手っ取り早くローカルの条件戦で2勝目を取りにきたのだ。

 これは、少なくとも”エリート視”されている馬の使われ方ではない。

 関西の競馬専門紙記者が言う。

「エポカドーロが所属する藤原英昭厩舎は、現在全国リーディングのトップを快走。毎年のように上位争いをしている名門厩舎で、今年の3歳馬にもギベオンとか、グレートウォリアーとか、前評判が高くていい馬がたくさんいたんです。そういう中にあって、エポカドーロはあまり目立たない存在でした。入厩当初は『ダート向き』とか『距離の短いところがいい』といった声もあったくらい。