2018.04.13

皐月賞は「上がらぬ人気に怒った3頭」が
秘めたる力を爆発させる!

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

「大本命」と目されていたダノンプレミアムが回避して、一気に混戦模様となったGI皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)。レースの面白味はやや欠けるかもしれないが、馬券的な妙味はかなり増すのではないだろうか。

 さらに、最近の皐月賞を見ても、波乱への期待は膨らむばかり。一昨年は8番人気のディーマジェスティが有力馬を蹴散らし、昨年は9番人気のアルアインが勝利して穴を開けているのだ。

 昨年に至っては、2着に4番人気のペルシアンナイト、3着に12番人気のダンビュライトが入って、3連単は106万4360円の高配当をつけた。

 ここ10年の結果を見ても、1番人気は2勝のみと"荒れる"傾向が強い皐月賞。ダノンプレミアムの回避は、さらなる波乱を呼ぶ"予兆"かもしれない。

 ならば、狙うは"穴馬券"である。過去に波乱を起こした伏兵馬を参考にして、今年の皐月賞で激走が見込める穴馬を探し出してみたい。

 まずは、先述した過去2年の勝ち馬、ディーマジェスティとアルアインに注目してみた。そして、それぞれの戦績を比較してみると、ひとつの共通点が浮かび上がってきた。

 それは、前走で重賞を勝っていながら、本番で人気が上がらなかったことだ。

 ディーマジェスティは、GIII共同通信杯(東京・芝1800m)を制して皐月賞に挑んだが、共同通信杯でも6番人気と伏兵扱いされていたように、この勝利自体がフロック視されていた。あわせて、共同通信杯のメンバーレベルも低かったという評価を受けて、強豪の集うGIでは軽視されてしまった。