アンカツ氏が自信ありげ。
桜花賞、オークスを占う「3歳牝馬番付」

  • 新山藍朗●取材・構成 text by Niiyama Airo
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 以上、桜花賞を踏まえて3歳牝馬の番付を選定させてもらったけど、オークスでもそれほど大勢は変わらないと思う。例年の傾向を見ても、距離が800m延びたところで、桜花賞の結果がそのままオークスでも反映されることが多い。特に、牝馬クラシックはそういう傾向にある。

 ゆえに、今年のオークスも例年どおり桜花賞組が強い、というのが個人的な見解。桜花賞をスキップして、オークスを目標とする何頭かに評価の高い馬がいるようだけど、それらは桜花賞組に比べると、戦ってきたメンバーが明らかに弱い。やはり、桜花賞組にはかなわないのではないだろうか。

 また、桜花賞のもうひとつのトライアル、フィリーズレビュー(3月11日/阪神・芝1400m)組も、チューリップ賞組に比べると、そのメンバーレベルは二枚も三枚も落ちる。個人的にはそう評価しているから、今年のクラシックではフィリーズレビュー組の出番はないと見ている。

安藤勝己(あんどう・かつみ)
1960年3月28日生まれ。愛知県出身。2003年、地方競馬・笠松競馬場から中央競馬(JRA)に移籍。鮮やかな手綱さばきでファンを魅了し、「アンカツ」の愛称で親しまれた。キングカメハメハをはじめ、ダイワメジャー、ダイワスカーレット、ブエナビスタなど、多くの名馬にも騎乗。数々のビッグタイトルを手にした。2013年1月31日、現役を引退。騎手生活通算4464勝、うちJRA通算1111勝(GI=22勝)。現在は競馬評論家として精力的に活動している。

◆絶対女王を追う、2番手以下は大モメだ。最新「3歳牝馬ランキング」>>

◆戸崎騎手が「絶対乗る!」というプリモシーン。桜花賞で2歳女王に挑む>>

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る