2018.04.02

絶対女王を追う、2番手以下は大モメだ。
最新「3歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

2018年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第3弾)

前哨戦のチューリップ賞はラッキーライラック(左)が快勝した 3歳牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(阪神・芝1600m)が4月8日に行なわれる。

 主な前哨戦を振り返ってみると、桜花賞と同じ舞台で行なわれたGIIチューリップ賞(3月3日)は、2歳女王ラッキーライラック(父オルフェーヴル)が完勝。2着にマウレア(父ディープインパクト)、3着にはリリーノーブル(父ルーラーシップ)が入って、昨年末の2歳GI阪神ジュベナイルフィリーズ(2017年12月10日/阪神・芝1600m)と、上位3頭は同じ顔ぶれとなった(※阪神JFでは2着リリーノーブル、3着マウレア)。

 その翌週に行なわれたGIIフィリーズレビュー(3月11日/阪神・芝1400m)は、8番人気のリバティハイツ(父キングカメハメハ)が混戦を制して優勝。2着アンコールプリュ(父ディープインパクト)、3着デルニエオール(父ステイゴールド)までが桜花賞の優先出走権を獲得した。

 一方、関東で行なわれたレースを見ていくと、GIIIクイーンC(2月12日/東京・芝1600m)は、テトラドラクマ(父ルーラーシップ)が勝利。しかし同馬は、レース後の回復にやや手間取ったため、桜花賞をスキップしてGI NHKマイルC(5月6日/東京・芝1600m)に向かうことになった。

 トライアル戦のアネモネS(3月11日/中山・芝1600m)は、1番人気ハーレムライン(父マンハッタンカフェ)が快勝。2着レッドレグナント(父ロードカナロア)とともに桜花賞切符を手にした。

 GIIIフラワーC(3月17日/中山・芝1800m)は、カンタービレ(父ディープインパクト)が阪神JF4着のトーセンブレス(父ディープインパクト)との激戦を制したが、同馬は桜花賞をパスして、GIオークス(5月20日/東京・芝2400m)での戴冠を目指す。

 ちなみに、同レースで1番人気ながら、しんがり負けを喫したGIII札幌2歳Sの覇者ロックディスタウン(父オルフェーヴル)は、クラシック路線から離脱。NHKマイルCに向かう見込みだ。

 今回はこれらの結果を受けて、まもなく開幕する3歳牝馬クラシック(桜花賞、オークス)で活躍が期待される、3歳牝馬の『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牝馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。