2018.04.03

アンカツ氏が自信ありげ。
桜花賞、オークスを占う「3歳牝馬番付」

  • 新山藍朗●取材・構成 text by Niiyama Airo
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 今年もクラシックシーズンがやってきた。その開幕を告げるのは、3歳牝馬によるGI桜花賞(4月8日/阪神・芝1600m)。今年もハイレベルなメンバーが集い、熾烈な争いが期待される。

牝馬クラシックの「主役」と目されているラッキーライラック なかでも、注目されるのは4戦4勝の「2歳女王」ラッキーライラック(牝3歳)。前哨戦となるチューリップ賞(3月3日/阪神・芝1600m)でも危なげない勝利を飾って、「1強」といった評価さえある。

 はたして、同馬がこのまま桜花賞を制し、続く牝馬クラシック第2弾のGIオークス(5月20日/東京・芝2400m)まで戴冠を果たして「絶対女王」として君臨するのか。あるいは、「打倒ラッキーライラック」を成し遂げるような、新たな女王の出現があるのか。その戦いの行方は、多くの競馬ファンが気になるところだろう。

 そこで、競走馬の分析に長(た)けた元ジョッキーの安藤勝己氏を直撃。今年の牝馬クラシックに挑む面々の実力について診断・分析をしてもらい、独自の視点による「3歳牝馬番付」を選定してもらった――。