2017.11.24

JCは3強で磐石説に異議あり!
「忘れていた実力馬3頭」がここで輝く

  • text by Sportiva
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 11月26日に行なわれるGIジャパンカップ(東京・芝2400m)。国内最高賞金を誇るレースにふさわしく、今年は注目の対決が実現する。

 GI天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)で死闘を演じた1着キタサンブラック(牡5歳)、2着サトノクラウン(牡5歳)という現役最強の座を争う古馬2頭に、今年の日本ダービー(5月28日/東京・芝2400m)を制して3歳世代の頂点に立ったレイデオロ(牡3歳)が挑むのだ。

 すでにこの秋、今年の3歳世代は古馬との混合GIで2勝(エリザベス女王杯=モズカッチャン、マイルCS=ペルシアンナイト)を挙げて、「ハイレベル」という見方が強まっている。そうした状況の中、古馬のトップ2と3歳王者がどんなレースを繰り広げるのか、その注目度はいやがうえにも高まっている。

 とはいえ、上位3頭ですんなり決まらないのが、競馬である。戦前に「3強」と言われたレースにおいて、過去にも何度となく波乱が起こっている。

 ならば、思い切って穴狙いに徹するのも悪くない。そこで今回も、過去10年の結果を振り返って、「3強」に割って入ってきそうなダークホースを探してみたい。

 まず、過去の傾向から注意すべき穴馬候補は”3歳牝馬”が挙げられる。2009年に6番人気で3着となったレッドディザイア、2013年に7番人気で2着に突っ込んできたデニムアンドルビーと、その例は意外とある。

 また、上位人気(3番人気)ではあったものの、2012年には”怪物”オルフェーヴルを、3歳牝馬のジェンティルドンナが下してファンを驚かせた。古馬の牡馬に比べて、負担重量が4kg減となるのは、想像以上の恩恵なのかもしれない。