2017.08.26

キーンランドCのモンドキャンノ、
戸崎騎手が乗るには理由があるはず

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 早いもので「夏競馬」も残り2週となりましたね。今週は、札幌競馬場で夏の終わりを彩るWASJ(ワールドオールスタージョッキーズ)が行なわれます。北の大地に、日本のトップジョッキー、さらには海外からの招待騎手が集い、見応えのある熱戦を繰り広げます。

 日本、そして世界のトップジョッキーが魅せる、その巧みな騎乗技術とせめぎ合いは必見。競馬は馬が走りますが、やはり人が動かしているんだな、と痛感させられる舞台です。ぜひ、多くの競馬ファンの方々にレースをご覧になっていただきたいですね。

 さて、そんな注目のWASJが開催される札幌競馬場で、8月27日にはGIIIキーンランドC(芝1200m)が行なわれます。

 WASJに参戦する多くのジョッキーをはじめ、東西のリーディング上位騎手が同レースで騎乗。GIスプリンターズS(10月1日/中山・芝1200m)の優先出走権を獲得できる一戦でもあり、WASJとはまた違った意味で見どころ満載のレースになりそうですね。

 まず注目は、昨年のこのレースで2着となったシュウジ(牡4歳)です。昨年末の阪神C(2016年12月24日/阪神・芝1400m)では見事な差し切り勝ち。今年の出走メンバーの中ではその実績は秀でています。

 ただ、今年に入ってからの3戦は、阪急杯(2月26日/阪神・芝1400m)8着、高松宮記念(3月26日/中京・芝1200m)15着、函館スプリントS(6月18日/函館・芝1200m)10着と不振。しかもここでは別定58kgという最も重い斤量を背負わされ、昨年とは違って厳しい状況にあります。

 唯一の救いは、昨年と同じく名手ジョアン・モレイラ騎手が鞍上を務めること。これは、大きなプラス材料でしょう。

 彼については、日本でももうお馴染みでしょう。「マジックマン」の異名を持つモレイラ騎手は、その華麗な手綱さばきで日本でも数多くの勝利を飾っています。彼が騎乗するだけで、その馬の単勝が売れるほどです。