2017.08.25

キーンランドCの傾向から、
オイシイ穴馬が3頭も見つかってしまった

  • text by Sportiva
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 はや「夏競馬」も残り2週。8月27日には札幌競馬場でGIIIキーンランドC(芝1200m)が開催される。

 小回りで、直線の短い舞台でのスプリント戦だけあって、実績上位の馬を人気薄の”伏兵馬”が負かすことも十分に考えられるだろう。実際、過去にもそうした波乱劇は何度か起こっている。

 最大の番狂わせは、2008年。レコードタイムでレースを制したのは、最低16番人気のタニノマティーニ。単勝配当は1万6140円という超大穴で、2着にビービーガルダン(2番人気)、3着にキンシャサノキセキ(1番人気)と人気馬が入りながらも、3連単は56万1610円の高配当となった。

 また、2009年には13番人気のドラゴンウェルズが2着と健闘したり、2015年には8番人気のウキヨノカゼ、9番人気のトーホウアマポーラがワンツーを決めたりといった波乱の決着があった。

 まさに”荒れる”要素は十分。穴狙いに徹するのも悪くない。そこで、今年はどんな馬が波乱の主役となり得るのか、過去の10年の結果をもとに探ってみたい。

 まず目につくのは、「牝馬の強さ」だ。

 ここ10年の勝ち馬を見ると、7頭が牝馬。2013年からは4年連続で勝っている。さらに、2013年は1~3着までを牝馬が独占し、他にも3着以内に牝馬が2頭入った年が5度もあって、牝馬の強さが突出しているレースなのだ。

 2013年を除いて、牡馬より出走頭数が少ないことを踏まえれば、かなり色濃いレースの特徴と言える。であれば、今年も狙うべきは牝馬だ。