2017.04.08

断トツの人気馬が沈んできた桜花賞。
今年もアッと驚く伏兵が3頭いる

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 粒ぞろいの役者がそろう、今年の3歳牝馬。まさしくハイレベルな世代のクラシックがいよいよ開幕する。

 第1弾は、GI桜花賞(4月9日/阪神・芝1600m)。3戦3勝のファンディーナこそ、翌週のGI皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)へと向かうが、それでも世代を代表する有力馬がズラリと顔をそろえた。

 そんな中でも、下馬評はソウルスターリングの断然ムードとなっている。ここまで4戦4勝の同馬は、昨年のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年12月11日/阪神・芝1600m)を快勝した2歳女王。今年初戦のGIIIチューリップ賞(3月4日/阪神・芝1600m)も楽勝し、文句をつけようがない臨戦過程で臨んでくるのだから、それも当然だろう。当日は、単勝1倍台の圧倒的な支持を集めそうだ。

 だが、過去の歴史を忘れてはいけない。桜花賞では、それも近年においては、「断然」と言われた優勝候補が”まさか”の敗戦を立て続けに喫しているのだ。

 昨年は、阪神JFを勝って年明けのクイーンC(東京・芝1600m)も圧勝したメジャーエンブレムが単勝1.5倍という断然人気となったが、4着に完敗。さらに一昨年は、牡馬相手の重賞を制して3戦3勝で臨んだルージュバックが単勝1.6倍という支持を集めたが、9着に沈んだ。いずれも、馬券対象となる3着以内にさえ入れなかったのだ。