2017.03.04

クラシックを占う弥生賞。血統面で
「複数のダークホース」が浮上した

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki photo by Yamane Eichi/AFLO

 3月5日(日)に、中山競馬場でGII弥生賞(芝2000m)が行なわれる。このレースは4月16日(日)に行なわれる3歳牡馬クラシックレース第1弾・GI皐月賞(芝2000m)のトライアルで、3着以内に入ると本番への出走権が与えられる重要なレースだ。

 皐月賞のステップレースはGIIスプリングステークス(中山・芝1800m)、GIII共同通信杯(東京・芝1800m)、若葉ステークス(阪神・芝2000m)、GIII毎日杯(阪神・芝1800m)など複数あるが、この弥生賞は本番とコース、距離が同じで、レース間隔も十分に取れることから、1983年ミスターシービー、1984年シンボリルドルフなど過去の名馬から、2001年アグネスタキオン、2005年のディープインパクト、2010年のヴィクトワールピサなど、近年も多くの名馬がステップレースに選択してきた。しかし、ここ10年では、このレースから皐月賞を制したのはヴィクトワールピサと08年キャプテントゥーレ(弥生賞4着)のわずか2頭となっており、今年はどのように本番に繋がるか注目だ。

京都2歳ステークスを制したカデナ。弥生賞でも有力な1頭だ