2016.06.03

強力メンバーがそろっても、必ず荒れる安田記念「波乱の法則」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by AFLO

 上半期のマイル王を決めるGI安田記念(東京・芝1600m)が6月5日に行なわれる。今年は海外GIを制した日本馬2頭をはじめ、実績のある有力馬が集結。「史上まれに見るハイレベルな争い」と言われた日本ダービーの熱気そのままに、熾烈な争いが見られそうだ。

 なかでも注目は、海外のGI覇者2頭。モーリス(牡5歳)とリアルスティール(牡4歳)である。

 モーリスは昨年の安田記念でGI初制覇を飾ると、そこから怒涛のマイルGI4連勝。その中に、GI香港マイル(2015年12月13日/香港・芝1600m)、前走のGIチャンピオンズマイル(5月1日/香港・芝1600m)といった海外GIが含まれている。一方、リアルスティールは、前走でGIドバイターフ(3月26日/UAE・芝1800m)を快勝。悲願のGIタイトルを海外でつかんだ。

 今回、そんな海外GIを制覇したばかりの2頭の対決が実現。"世界トップレベルの争い"ということもあって、注目度が一段と増している。

 そのうえ、日本で戦ってきた猛者たちも参戦。となると、穴馬が食い込むのは厳しそうな気配だ。「ハイレベル」と謳われた日本ダービーが1~3番人気で決着したばかりだけに、余計にそう感じてしまう。

 だが、近年の安田記念を振り返ってみると、決してそうとばかりは言えない。過去3年連続で1番人気が優勝しているものの、2、3着には10番人気以下の"大穴"が必ず飛び込んできている。