2016.05.24

蛯名正義、皐月賞馬ディーマジェスティで挑む「ダービーの勝算」

  • 新山藍朗●文・撮影 text&photo by Niiyama Airo

特集:「最強世代」の日本ダービー(2)
蛯名正義騎手インタビュー(後編)

競馬界最高峰の舞台となる日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)がまもなく行なわれる。今年は「史上まれに見るハイレベルな争い」と言われ、その注目度は一段と増している。その一戦でクラシック二冠を狙うのが、皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)を制したディーマジェスティ。そして、鞍上の蛯名正義騎手にとっては、初のダービー制覇がかかっている。はたして、蛯名騎手はどんな思いで大一番に挑むのか、率直な心境を語ってもらった――。

日本ダービーへの思いを語ってくれた蛯名正義騎手――いよいよ日本ダービーを迎えます。前編のインタビューで、蛯名騎手が主戦を務めるディーマジェスティは、「東京の適性が高く、皐月賞よりもダービー向き」というお話でした。ということは、ダービーのほうが皐月賞よりも勝つチャンスが大きい、と考えてよろしいでしょうか。

「(東京コースの)適性だけじゃなく、現実に一冠目の皐月賞を勝っているわけですからね、当然(ダービーでも勝つ)チャンスはあると思いますよ。でも、今度は他の馬も巻き返してくるし、僕の馬よりも『東京は走る』という馬がいるかもしれない。少なくとも、楽な戦いにはならないでしょうね」

――皐月賞では、2着のマカヒキに1馬身4分の1差をつけて快勝。この差を、決定的な差とまでは言いませんが、相当な力の差を示していると思います。しかも、ディーマジェスティのほうが先に仕掛けて前の馬を負かしにいっている分、道中後方でずっと脚をためていたマカヒキよりも厳しい競馬だったはず。それでいて、ディーマジェスティのほうが最後の脚には余裕が感じられました。加えて、あの着差です。そう考えると、ディーマジェスティは巷で評価されている以上に強いのではないか、と思うのですが。