2016.04.13

負けた経験が強みに! デムーロが乗るリオンディーズ逆転Vへ

  • 平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki photo by Kyodo news

皐月賞「3強」の思惑(2)
リオンディーズ編

 4月17日(日)は、中山競馬場で牡馬クラシック第1弾・GI皐月賞(芝2000m)が行なわれる。今年は有力馬が揃い、ハイレベルな争いが予想されている。今回は無敗の2頭、マカヒキ、サトノダイヤモンドに並ぶ”3強”の一角と見られているリオンディーズ(牡3/父キングカメハメハ)にスポットを当てた。

2歳王者、リオンディーズ。鞍上は桜花賞を制して波に乗るミルコ・デムーロ

 同馬は昨年11月、京都芝2000mの新馬戦を勝ち、1戦1勝の身で果敢にGI朝日杯フューチュリティステークス(2015年12月20日/阪神・芝1600m)に出走。4コーナー15番手(後ろから2頭目)という後方待機から、断然の1番人気エアスピネルを差し切り優勝。最優秀2歳牡馬に輝いた。

 前走、約2カ月半ぶりの出走となったGII弥生賞(3月6日/中山・芝2000m)は、朝日杯とは打って変わり、4番手追走から直線入り口で先頭に立つ競馬から、後方待機のマカヒキに差されて、初の敗戦となる2着に終わっている。2歳王者として復権を期すリオンディーズについて、あらゆる角度から分析してみよう。